FC2ブログ

立川市農研会ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

農研会外の農業イベント活動報告

前回の記事は農研会(JA青年部)の活動でしたが、今回はそのほかの活動を紹介します。

IMG_3122.jpg


農研会の事業ではありませんが、10月7日(金)に、
西砂小学校の学校農園の農業指導を、殿宮地区の川野さんが依頼されまして、
殿宮地区の農研会メンバーでお手伝いさせていただきました。
今日の作業は大根の種まき。

IMG_3124.jpg


初めはザワザワして、先生に注意されてた子たちですが、
川野さんが「今日、手伝いに来てるオジサンたちは、みんな西砂小の卒業生です」
と紹介すると、いきなり目つきが変わり、一生懸命に種まきしてました。

もうひとつ農研会の行事ではありませんが、
10月14日(金)に、立川市認定農業者協議会の視察研修があり、
幕張メッセで開催された国際農業資材EXPOに行ってまいりました。

IMG_3129.jpg


フラワーEXPO、ガーデンEXPO、エクステリアEXPO、動工具・作業用品EXPO
も同時開催ということで、広い会場内は平日にもかかわらず人だらけ。
たっぷりと、内容の濃い研修ができました。

参加された皆様、おつかれさまでした。

スポンサーサイト
  1. 2011/10/22(土) 01:22:23|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

本日で…。

昨年度1年間このブログを担当させていただきました
広報の山川です。

ちょうど1年前、何もわからないまま、広報に任命され
少しでも立川農業を知っていただければと思い
つたない文面なりに書かせていただきました。

無事に後任も決まり、広報の職を解かせていただきました。

役員をはじめ会員の皆様のご協力があっての賜物だと思います

役員ならびに会員の皆様、コメントしていただいた市民の方々、
定期的に読んでくださった方々、1年間ありがとうございました

今後とも、新役員を筆頭に新広報が更新をしてくれると思いますので、
変わらぬご支援・ご鞭撻をよろしくお願いします。

一年間ありがとうございました

                    21年度広報 山川 敬記
  1. 2010/04/21(水) 00:45:27|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

東京都認定農業者の集い

3月3日 第10回東京都認定農業者の集いが開催されました。
本来、認定農業者と農研会で違うのですが、個人的な視察を
載せる広報ですから今回も載せちゃいます

今回は、清瀬市の認定農業者の方々の先進経営を拝見させていただきました。

1件目 村野 正明さん(野菜経営) 圃場は約120a(施設14棟)
こちらでは年間を通してほうれん草を出荷されています。
CIMG2568_convert_20100308012210.jpg CIMG2564_convert_20100308012048.jpg
     村野 正明さん              圃場

2件目 山下 陸郎さん(野菜経営) 圃場は約180a(施設11棟)
こちらでは、主にキャベツやブロッコリー、ほうれん草を市場出荷されていますが、
近年は直売品目としてアスパラやトウモロコシの早出しなども研究されていました。
CIMG2572_convert_20100308012347.jpg CIMG2571_convert_20100308012313.jpg
     山下 陸郎さん              圃場

3件目 坂間 利司さん(花卉経営) 圃場は約20a(ほぼ施設)
こちらでは、代が変わる際に野菜経営から花卉経営に切り替え、今は主に
クリスマスローズやユリオプスデージー、野菜苗などを市場と直売に出荷されています。
CIMG2576_convert_20100308012422.jpg
     坂間 利司さん  
CIMG2579_convert_20100308012540.jpg CIMG2577_convert_20100308012459.jpg
                   圃場

4件目 小寺 正明さん(野菜経営) 圃場は約250a(施設多数)
こちらでは、年間を通してほうれん草、カブ、ミズナを出荷しています。
広さにもびっくりしましたが、カブは日量1200束だそうです。
市場出荷を主体としており、ほぼ休む事無く続けて出すように、
施設や露地をうまく組み合わせて作付けされているそうです。
CIMG2586_convert_20100308012626.jpg CIMG2583_convert_20100308012659.jpg
     小寺 正明さん              圃場

以上4件の方々を伺わせていただきましたが、どの方も「認定農業者」の
補助事業をうまく取り入れ、施設や技術を学び、年間を通しての収入の安定化、
販売のネットワークなどを活用されていました。

今回、視察をさせていただいた皆様、ならびに企画していただいた各団体様
どうもありがとうございました。

立川の方へ→
今回の視察や「認定農業者」に興味のもたれた方がいらっしゃいましたら
直接、立川市認定農業者の正副役員にお尋ねください。
  1. 2010/03/08(月) 01:16:09|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

勝手に視察研修 その④

さすがにそろそろ、「自由に使いすぎ」と
某会長に怒られそうですが、またまた今年の広報は
勝手に視察研修に行ってまいりました

今回伺わせていただいたのは、
「千葉県の株式会社 生産者連合 デコポン」です。
こちらは有機栽培・特別栽培のメンバー70名ほどの生産者団体で、
独自の販売や流通を行っている会社でした。
詳細は→デコポンURL

前回同様に、「無農薬」や「有機栽培」に関してのご報告ですが、
そこは食わず嫌いをせず、実際に見てみたいと思ったので視察・報告にしてみました。

今回は4件の農家の視察とデコポンの社長の計5件、まわらせて頂きました。

1件目:千葉県銚子市の向後さん(露地3町、施設4反)
こちらは自家製の堆肥にかなり力を入れており、千葉県堆肥コンクールで受賞された経歴
をお持ちの農家さんです。(他の受賞は全て堆肥メーカー)
生産品目はスイカ・トマト・キャベツ・ダイコン・ブロッコリーがメインとの事。
実際にダイコン畑を見せていただきましたが、
もちろん普通の市場だし出来るようなダイコンでした。
CIMG2362_convert_20100207003151.jpg CIMG2368_convert_20100207003301.jpg
       冬まきダイコン            向後家

2件目:千葉県香取市の加瀬さん(露地4町)
加瀬さんはJAS有機認証を取られている農家さんです。
こちらの堆肥の特徴はミネラル分を補充しながらC/N比をどうコントロール
するかを研究されていました。
石灰資材も家にはいろんな種類が置かれていて、畑の成分や施肥年数に応じて
堆肥と石灰を使い分けるそうです。
CIMG2370_convert_20100207003350.jpg CIMG2371_convert_20100207003421.jpg
さらに今年は改良してあるそうです。       加瀬家

3件目:千葉県香取市の篠塚さん(施設7町)
上の()内は打ち間違いではありません。
まず伺って驚いたのは、その広さしかも全て施設で合計220棟
中に案内されたときもパートさんのタイムカードが50枚くらいありました。
こちらの方の栽培の特徴はほとんどが堆肥のみで作られるようなんですが、
堆肥は原料がほとんど穀物を中心に製造され窒素分を持たせた堆肥を作るそうです。
その堆肥のみの栽培で周年、葉物の契約出荷を行っています。
篠塚さんもJAS有機認証を取られているんですが、防虫ネットはしておらず、
虫を集める電柱が設備されていました。
CIMG2375_convert_20100207003525.jpg CIMG2372_convert_20100207003607.jpg
       一面施設です             篠塚家
CIMG2373_convert_20100207003645.jpg CIMG2379_convert_20100207003723.jpg
   堆肥のみのブロッコリー 
ちなみに堆肥を作る場所は1反ありました

4件目:千葉県山武市の斉藤さん(露地5町)
こちらの農家さんは早くからJAS有機認証を取得され
このデコポンの創業時からいらっしゃるようです。
個人のお客さんもたくさんいて、畑でのイベントなどにも力を入れて
いるようでした。
斉藤さんは色んな動物の家畜糞を織り交ぜて、様々な微生物層を
作るという栽培法です。
他にも籾殻やコーヒー粕なども使っていました。
CIMG2388_convert_20100207003800.jpg CIMG2389_convert_20100207003835.jpg
        様々な材料             斉藤家

そして、最後にお話を聞けたのがデコポン取締役の井尻さんでした。

1. 楽しい農業の実践
2. 次世代につなぐ農業の実践
3. 安全と美味しさの追求とそのための絶え間ぬ努力

を理念に掲げているようによりよいものを自分たちの仲間で、
自分たちのネットワークで、と自ら生産から販売まで全てこだわって
野菜に取り組んでいるのがよく伝わりました。

堆肥においても、それぞれの農家が独自に勉強し、それを長年研究を
積み重ねた苦労がよく伺えます。

また、どの農家さんも共通して、その親の研究をより進歩・発展させようと
息子さんが若いうちから就農して勉強されている事も驚かされました。

今回の視察で「こだわり」、「ネットワーク」、「楽しむ」を
将来の農業の活路にして取り組んでいるのがとても感銘を受ける視察となりました。

また、興味のある方は上記URLか広報までご連絡ください
  1. 2010/02/04(木) 00:03:28|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新年

新年明けましておめでとうございます

今年も皆様にとって実りのある年でありますように。
また、より一層立川農業発展のためにみなさんで
協力していきましょう

僕も含め役員は残り3ヶ月です、
かわらぬご協力をよろしくお願いします。

役員一同
  1. 2010/01/03(日) 00:13:42|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。